My Funny Valentine - Miles Davis

オリジナル。1956年のアルバム「Cookin'」より。

Miles Davis Quintet - My Funny Valentine

Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)

このアルバムで、1曲目のこの「My Funny Valentine」のみ、コルトレーンのテナー抜きの演奏になっている。「マイルスを聴け!!」の著者、中山康樹さんも書いているとおり、マイルスの静謐なミュートの後でコルトレーンがいつもの調子でブカブカ吹きまくったら、曲が台無しになってしまうだろうから、これは賢明な選択だったと言わざるをえない。

次は1958年、ニューヨークでのライブ演奏(アルバム「1958 Miles」所収)。やはりここでも、コルトレーンのテナーは聴くことができない。

Miles Davis & John Coltrane -- My Funny Valentine

Miles Davis(tp), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)

1964年2月、ニューヨークでのライブ(アルバム「My Funny Valentine」 所収)。個人的にはこのバージョンが一番好きだ。

My Funny Valentine - Miles Davis [1964]

Miles Davis(tp), George Coleman(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds)

1964年7月の東京でのライブ(アルバム「Miles In Tokyo」所収)。ここではテナーがサム・リバースに変わっている。

Miles Davis - My Funny Valentine - Live in Tokyo 1964

1964年10月、イタリア・ミラノでの貴重なライブ映像。この64年という年は、マイルスグループのテナーがめまぐるしく入れ替わっているのだが、ここでウェイン・ショーターが圧倒的な存在感を示して、不動の位置を占めようとしている。

Miles Davis - My Funny Valentine - 1964
f0036411_23275013.jpg

[PR]
by daeyahye-jazz | 2012-02-08 23:29 | Miles Davis
<< Vanilla Mood - ... Babylon Sisters... >>