Cannonball Adderley Sextet - Jazz Stars 1963

1963年、スイスでのスタジオ演奏。1曲目のナット・アダレイのソロでコルネットがスタジオの照明を受けて光るところなど、モノクロ映像がやけに美しい。

Cannonball Adderley Sextet - Jazz Stars 1963

Cannonball Adderley - Alto Sax
Nat Adderley - Cornet
Yusef Lateef - Tenor Sax, Flute, Oboe
Joe Zawinul - Piano
Sam Jones - Bass
Louis Hayes - Drums

ここで注目したいのは、スキンヘッドに黒縁メガネ、キャノンボールを凌ぐほどの巨漢のユーセフ・ラティーフ。ここではテナー、オーボエ、フルートと、曲ごとに楽器を持ち替えて、なかなか器用なところを見せている。2曲目の「Brother John」は彼がコルトレーンに捧げた曲だ。

ユーセフ・ラティーフは、ピアノのジョー・ザビヌルを通してキャノンボールと知り合い、1962年から64年にかけて彼のグループで活動をともにしたとのこと。このなかなか洗練されたモノクロ映像の中で、残念ながらジョー・ザビヌルの往生際の悪い8・2分けヘアだけが妙に浮いている。そこだけオシャレ感ゼロなのだ。スキンヘッドでカッコいいユーセフ・ラティーフをすぐさま見習わなかったのが悔やまれてならない。

同時期のドイツでのライブ映像もなかなかいい。

Cannonball Adderley Sextet - Live In Germany 1963 (Part 1 of 2)

Cannonball Adderley Sextet - Live In Germany 1963 (Part 2 of 2)
f0036411_105887.jpg

[PR]
by daeyahye-jazz | 2012-03-23 11:11 | Cannonball Adderle
<< John Coltrane -... akiko - skindo-... >>