ソウル・大学路「チョンニョン トンアンド」

f0036411_2344749.jpg
この前紹介したikukoさんの「JAZZ & KOREA」にも詳しい説明がある大学路(テハンノ)のジャズクラブ、「チョンニョン トンアンド(千年の間も)」に行ってきた。
金曜日の夜、事前にスケジュールを調べていたわけでもなかったが、とにかく何が飛び出すかわからない期待を持って、地下鉄4号線恵化(ヘファ)駅に降り立ち一人で店に向かった。
方向を間違えてちょっと迷ったが、ほどなくikukoさんのサイトの写真どおりの、けっこう大きな店を見つける。
階段を上がった2階にある薄暗い店内に入り、一人で来たことを店員に告げると、意外にもステージの真ん前のけっこういい席に案内してくれた。
金曜日の夜ということで、100席以上ある店内はほぼ満席。
カップル中心の若い客が多い。外人客も目についた。
メニューを見ると、酒の他にパスタやピザなどの軽い食事もできる。
しばらくメニューを見て考えた末、「チチ」というカクテルを注文する。(よくわからずに注文したが、うーん、かなり甘くてイマイチだった)
ほどなくして、9時からのセット、「ハン・サンウォン FUNKY BAND」のライブが始まる。
f0036411_2301197.jpg

40代に見えるリーダーのギタリスト(ハン・サンウォンさん)と、それより若い30代くらいの男性ボーカル中心のファンクロックグループ。
他にドラム、ベース、それから女性二人のキーボード。
最初は、「なんだ、ジャズじゃなくてファンク(しかもコテコテのオジサン)かよ」と、自分がオッサンであることも棚に上げて、ちょっと憮然とした気分になる。
まあ、それでもせっかく店に入ったんだし、とりあえずそのオジサンファンクを聞いていたが、途中から写真のように女性3人(ちょっと見えにくいが、男性ボーカルの後ろに一番背の低い女性がいる)のボーカルが加わると、俄然華やかになって面白くなってきた。
女性3人が加わると、狭いステージはぎゅうぎゅうの状態になるが、やっぱりファンクは大人数で華やかにやるのがいい。
リズムもビンビン、ノリノリで(後ろの方で踊っている若い女性客もいた)、いつの間にか「ああ久しぶりのファンクだけど、なかなかいいなあ」と思うようになった。
女性3人は基本的にバックボーカルだが、一人でソロも歌った。
ソロを聞くと、なかなかの声を持っているのがわかる。
とにかく、意外に楽しめた1時間(チャージ込みでW15,000)だった。またいつか来よう。

店のサイトはこちら。地下鉄4号線恵化(ヘファ)駅1番出口を出て、出口の方向とは逆方向(マクドナルドがある方向)に100メートルぐらい行くと、左に小道がある。その小道を、また100メートルぐらい行くと写真の店が見える。(和食の店「石井」の隣り)
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-04-23 23:00 | Jazz Live 
<< 「蓮」 by orange p... 「The Promise」 b... >>