「Ana」 by Berlin Contemporary Jazz Orchestra

f0036411_230069.gifBerlin Contemporary Jazz Orchestra
by Berlin Contemporary Jazz Orchestra
Benny Bailey :trumpet
Thomas Heberer :trumpet
Henry Lowther :trumpet
Kenny Wheeler :trumpet, fluegelhorn
Paul van Kemenade :alto saxophone
Felix Wahnschaffe :alto saxophone
Gerd Dudek :soprano and tenor saxophones, clarinet, flute
Walter Gauchel :tenor saxophone
E. L. Petrowsky :baritone saxophone
Willem Breuker :baritone saxophone, bass clarinet
Henning Berg :trombone
Hermann Breuer :trombone
Hubert Katzenbeier :trombone
Utz Zimmermann :bass trombone
Aki Takase :piano
Günter Lenz :bass
Ed Thigpen :drums
Misha Mengelberg :piano
Alexander von Schlippenbach :conductor

1. Ana
2. Salz
3. Reef und Kneebus

Recorded May 1989
ECM 1409

どういうきっかけでこのCDを買ったか、もう10年以上前のことなので定かではない。
ただ、この「ECM」というジャズレーベルに惹かれて買ったのではないかという気はする。
私はとにかくピアノの音が好きでジャズを聞き始めたのだが、この「ECM」のピアノの音は、私にとって特別だったと思う。
ピアノの音が宝石だとすると、その宝石の輝きが違っていたのである。
たとえば、このアルバムの1曲目「Ana」の中盤で、高瀬アキが1分半ほどの短い時間だが、すばらしいピアノソロを聴かせてくれる。
トランペットによるテーマのリフレインが終わり、心地よい静けさの中で高瀬アキのソロが始まるのだが、ここではピアノは、それこそダイヤモンドの煌きを放っている。
私がジャズに求めているのは、結局こんなダイヤモンドの煌きのようなピアノの音だけなのかもしれない。
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-01-06 23:57 | B.C.J.O
<< 「Venutian Rhyth... 「別館」を作りました >>