カテゴリ:井上陽水( 3 )

陽水LIVE1986「クラムチャウダー」

初めて行ったコンサートが、以下のメンバーによる陽水の1986年の広島でのライブだった。

大村憲司(ギター、アレンジ、1998年死去)、浜口茂外也(パーカッション、フルート)、
村上“ポンタ”秀一(ドラム)、高水健司(ベース)、中西康晴(ピアノ)、小林武史(キーボード)

前の方(10列以内だったと思う)の席だったが、陽水がステージに登場するやいなや、
その背後にものすごいオーラが立ち昇るのがまざまざと見えた。
生身の人間にあんなすごいオーラを見たのは、後にも先にもこの時の陽水以外にない。

のちにNHKホールでのライブがビデオ(「クラムチャウダー」)化され、飽きもせず
見続けていたが、今はそのビデオもテープがブチ切れ、カビだらけになっている。
(フォーライフは何故にDVD化しないのだ???)

その貴重な映像が(既出も含め)、cotoさんによって何曲かアップされている。
今は亡き大村憲司のカッコよさも見逃せない。

f0036411_10262372.jpg
井上陽水 帰れない二人

井上陽水 招待状のないショー

井上陽水 とまどうペリカン

井上陽水 ミスコンテスト

井上陽水 傘がない

井上陽水 新しいラプソディー

井上陽水 ダンスはうまく踊れない

井上陽水 飾りじゃないのよ涙は

井上陽水 ワインレッドの心

井上陽水 結詞
[PR]
by daeyahye-jazz | 2011-12-13 22:01 | 井上陽水

陽水LIVE(1982年3月8日)

ElderBrotherTOMさんによるアップロード。
NHKのFM放送をテープに録音したものということだが、音質がメチャいい。
1曲目の「夜のバス」や17曲目の「青空ひとりきり」はオリジナルキーで歌ってるせいか、
ちょっと声が裏返っているところがあるが、それでも1980年代の絶好調の陽水が聞ける。
5曲目の「ダンスの流行」は、ライブでは初めて聞くことになる。
とにかくすごい。
ElderBrotherTOMさんには深くひれ伏すしかない。

01_夜のバス

05_ダンスの流行

17_青空ひとりきり

f0036411_22461770.jpg
[PR]
by daeyahye-jazz | 2010-12-19 22:46 | 井上陽水

30代、40代の陽水

30代、40代の陽水、年代的には80年代、90年代の陽水が好きだ。
yutubeでそんな陽水の秘蔵映像を発掘するのほど楽しいことはない。

勝者としてのペガサス(サングラスなしの陽水)

わかんない

井上陽水 with デビュー前の安全地帯 `氷の世界~Happy Birthday'<'82年>
[PR]
by daeyahye-jazz | 2010-06-27 23:00 | 井上陽水