カテゴリ:Bill Evans( 3 )

Bill Evans - His Last Concert In Germany

Bill Evans - letter to evan ("his last concert in Germany" album) _MASTERPIECE_RARE

Bill Evans - Yet Never Broken

P:Bill Evans
B:Marc Johnson
Ds:Joe LaBarbera

1.Letter to Evan
2.Yet Never Broken
3.Laurie
4.Bill's Hit Tune
5.Knit for Mary F.
6.Days of Wine and Roses
7.Your Story
8.But Beautiful
9.If You Could See Me Now
10.Waltz for Debby

Recorded Live August,15,1980,In Bad Honningen,Germany

ビル・エヴァンスは1980年9月15日に51歳で肝硬変などにより病死しているが、このアルバムはそのちょうど1か月前である8月15日に行われたドイツでのライブを録音したものだ。

よく知られているように、エヴァンスはその後も8月31日から死の直前の9月7日までサンフランシスコでライブを続けており(アルバム「Consecration」に収録)、この「His Last Concert In Germany」というタイトルは、あくまで「彼の<ドイツでの>最後のコンサート」という意味だ。

ともあれ、8月15日当時においてもエヴァンスの体調は相当悪化していたはずだが、そのパフォーマンスは絶好調ともいえるほどすばらしい。

1曲目の「Letter to Evan」の冒頭部分を聞けばわかるように、ピアノの音がキラキラ輝いており、音質もすばらしいのだ。

ジャズを聴き始めたころに出会い、何度聴いても飽きないこのアルバムだが、特に好きなのは4曲目の「Bill's Hit Tune」。

ここでのエヴァンスの後半ソロは、宝石のようにきらめきつつ疾走し流れすぎていく、一団の光の粒と化している。

f0036411_20581071.jpg

[PR]
by daeyahye-jazz | 2012-01-23 21:02 | Bill Evans

YouTubeで見られる貴重映像・エヴァンス

f0036411_273995.jpg今日はビル・エヴァンス。

Bill Evans Trio - Waltz For Debby
Bill Evans Trio - My Foolish Heart
Chuck Israels(b), Larry Bunker(ds)
DVD「JAZZ625 ビル・エヴァンス」収録。1965年、イギリスのBBCテレビ「JAZZ625」でのスタジオ演奏。モノクロだけど、映像がなかなか綺麗だ。

Bill Evans Trio, in "Beautiful Love", Berlin, 1965
Niels Pedersen(b), Alan Dawson(ds)
これが収録されたDVDがあるかどうかは不明。CDは「Bill Evans Trio Live In Europe 1965」に収録されている模様。

Bill Evans Trio - Autumn Leaves
Bill Evans Trio - If You Could See Me Now
Bill Evans Trio - Nardis
Eddie Gomez(b), Alex Riel(ds)
DVD「枯葉 ビル・エヴァンス・トリオ・ライヴ’66」収録。1966年10月、ノルウェー・オスロのTV番組でのライブ演奏。これもモノクロ映像が美しく音質も良。

Monica Zetterlund with Bill Evans Trio "Waltz for Debby"
Monica Zetterlund with Bill Evans Trio "Once upon a Summertime"
Monica Zetterlund(vo), Eddie Gomez(b), Alex Riel(ds)
同じく1966年10月、デンマークのコペンハーゲンで撮影されたもの。"Waltz for Debby"では、リハーサル風景なのかモニカは煙草片手に母国語(スウェーデン語)で歌っている模様。
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-10-22 00:45 | Bill Evans

「Venutian Rhythm Dance」 by Bill Evans

f0036411_23532648.jpgMontreux Ⅲ 
Bill Evans (p, el-p)  
Eddie Gomez (b)
(Montreux Jazz Festival, Switzerland, July 20, 1975)
1. Elsa
2. Milano
3. Venutian Rhythm Dance
4. Django
5. But Beautiful
6. Minha (All Mine)
7. Driftin'
8. I Love You
9. The Summer Knows
10. In a Sentimental Mood
Fantasy F 9510

Bonoさんも書かれているように、スコット・ラファエロ(ベース)を入れたトリオの「リバーサイド4部作」は一般的にも評価が高く、ビル・エヴァンスを語る上で欠かすことのできないものになっている。
しかし、私はラファエロ亡き後、エヴァンスのベーシストとなったエディー・ゴメスとのインタープレイも好きだ。
特にこの「Montreux Ⅲ」。前作の「At the Montreux Jazz Festival」、「Montreux Ⅱ」は、エディー・ゴメス入りのトリオだが、この「Montreux Ⅲ」は二人のデュオだ。
ここでのエディー・ゴメスのベースはいつにもまして乗り乗りで、それにつられてエヴァンスのピアノもリズミカルに力強くなっている。
エヴァンスが好んで弾いて、私も好きなナンバー「Elsa」がまず素敵である。
それから、「Venutian Rhythm Dance」。珍しい選曲で不思議な感じのナンバーだが、忘れられない名演になっている。
ただ、この曲の最後にエレキピアノを弾いているのが、唯一の汚点(?)だ。^^;
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-01-07 23:49 | Bill Evans