カテゴリ:Chick Corea( 2 )

Chick Corea & Gary Burton - Crystal Silence

Chick Corea & Gary Burton - Crystal Silence

1972年のECMの同名アルバムから始まったであろう二人のコラボレーション。

長い年月を経て、現在もその二人での活動は続いているようだ。

このライブ演奏はおそらく90年代だと思うが、音質・画像ともクリアで美しい。

ECMのライブ版「In Concert 」(1979年)は、同じくクリアな美しい音質と二人の完璧なまでのコラボレーションが燦然と光るピカイチのアルバムだ。

f0036411_2318967.jpg

[PR]
by daeyahye-jazz | 2012-01-17 23:20 | Chick Corea

「'Round Midnight」 by Chick Corea

f0036411_128436.jpgTrio Music/Chick Corea(P)/Miroslav Vitous(B)/Roy Haynes(Ds)(ECM)
Recorded November 1981
Disc1 Trio Improvisations
Disc2 The Music Of Thelonious Monk
1. Rhythm-A-Ning
2. 'Round Midnight
3. Eronel
4. Think Of One
5. Little Rootie Tootie
6. Reflections
7. Hackensack

前にも書いたように、私にとって「ECM」のピアノの音はかなり特別だ。
で、「ECM」時代のチックもやはり大好きで、けっこう聴いてきたが、70年代初めの「Circle」とか「 A.R.C.」とかはフリージャズでかなり難解だ。
あの心地いいピアノの音を想像していたら、とんでもないことになる。
でも、80年代のこの「Trio Music」は、特にモンクのナンバーを取り上げた2枚目がかなり聴きやすいものになっている。
で、この中で一番好きなのが「'Round Midnight 」。
ミロスラフ・ヴィトウスのベースも、ロイ・ヘインズのドラムも、もちろんチックのピアノも、全てがカッコいいのだ。
ところで、調べてみたら、ロイ・ヘインズって1926年生まれで、今年ちょうど80歳だとのこと。
2002年の「バードランド」でのライブ盤も発売されていて、もしかして今も現役でドラム叩いてるかもしれない。
いやはや、すごい人です。
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-01-14 23:57 | Chick Corea