<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ソウル・梨泰院「All That Jazz」

またまた、久しぶりのアップです。
今日、机の中を整理していて、昔(1998年)書いたメモの中にソウル・梨泰院(イテウォン)のジャズ・クラブ「All That Jazz」に行った時のことが出てきたので、それをちょっとここにアップしておきます。
f0036411_0552736.jpg

<1998年2月3日>
まず地下鉄で三角地(サムガクチ)へ行く。三角地から梨泰院まではけっこう距離があるが、方向ははっきりわかっているので(南山タワーを左に見ながら歩けばいい)、歩いて行くことにする。でも、意外に通りは暗く寂しい。まず、「戦争記念館」というデカい建物がどーんとあるのを見つける。なかなか立派な建物だ。それから、米軍の施設らしいのもある。少々危ない雰囲気が漂う寂しい通りを黙々と歩いた。

2、30分歩いて、やっと梨泰院に着いた。やっぱり外人が多くて、かばんや服を売っている店が多い。でも、特に洗練された感じはない。六本木の雰囲気とは全然違う。高級感もあまりなくて、ここで買い物したい気は起こらなかった。時間も夜の7時を過ぎて腹も減ったし、適当な店で晩飯を食べることにしたが、表通りにはあまり食堂がない。そこで、裏通りに入ったら、ヘジャングクの店を見つけた。ヘジャングク(W4,000)はけっこうたくさん肉が入っていて、辛くて旨かった。キムチも旨い。

それから、お目当ての「All That Jazz」へ。ライブは9時ごろからということなので、ちょっと早いが、とりあえず入ってみる。少々わかりにくい入口を入って階段を上った3階に、その「All That Jazz」があった。店の雰囲気は、日本のジャズ喫茶によく似ている。つまり、ちょっと古ぼけていて、おせじにも綺麗とは言い難い。客はまだ少なく、韓国人の若者をちらほら見かけるくらい。かかっている曲は、甘ったるくてあまり良くない。とりあえずバドワイザー(W5,000)を注文する。(前金制)

カウンターの方を見ると、リクエストしたくなるほどレコードがかなりたくさん置いてある。しばらくすると、カルテットの演奏がかかり始める。テナーは誰かわからないが、ピアノはマッコイだ。落ち着きのないタッチで、すぐそれとわかる。でも、最後に「impression」なんかがあって、けっこう良かった。ライブの時間が近づいてきて、だんだん客が増えてきた。やっぱり若い客が多い。すぐそばには、OL風の2人組がいる。…
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-02-26 23:55 | Jazz Live 

東芝gigabeatを買う

f0036411_23541589.jpgいやいや、ここのところ日本の実家に帰っていたりしてネットから遠ざかり、長いことこのブログも放置しまくってましたが、今日からまた出来る限りマメに更新していきたいと思っとります。
しかし、日本に帰っていたにもかかわらず、自分の中でジャズ関係のネタが増えてないのが悲しいですね。^^;
それで、とりあえず今日はこんなネタでお茶を濁します。
去年ぐらいからほしいほしいと思っていた大容量のデジタルオーディオプレーヤー。
今回は絶対買おうと、広島の実家の近くにある量販店「デオデオ」に何度も通って品定めをしました。
で、SONYかiPadか、どちらかにしたかったのですが、どうもこれはイイという感じがするものがなく、踏ん切りがつかないまま二週間あまりが過ぎて。。。
結局、日本を離れる日に広島市内にある「「デオデオ」の本店に行って、最後の品定めをすることにしたのです。
さすがにそこは品数も多く、品定めをするにはかなり良かったです。
で、その時これは安くてイイやと思ったのが、10Gの東芝gigabeat。
ゲーム機みたいで、他のに比べてかなりデカいけど、10Gで19,800円(20Gなら29,800円)という値段には惹かれました。
画像も取り込めて見ることができるというのも、また惹かれましたね。
早速購入して、ボチボチ曲や画像を取り込んでいます。
最初はなんか取り扱いが難しく思えて、マニュアルを読んだりするのが大変でしたが、慣れるとそうでもないです。(しかし、たとえば画像の削除の仕方などがマニュアルにはっきり書いてないので、すごくイライラさせられました。結局自力で解決しましたが)
音質も想像以上に良く、今まで聞こえなかった音が聞こえたりして、なかなか面白いです。
別に東芝の回し者じゃありませんが、この10Gのgigabeatはけっこうお買い得だったと思ってます。
しかし、こちらにあるように、今やっぱりデジタルオーディオプレーヤーで一番人気があるのは何と言ってもiPadですね。圧倒的です。
私はあの薄さ、軽さが何となくイマイチだったんですが。。。
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-02-15 23:54