<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Minor Swing」 by 渡辺香津美

f0036411_17452642.jpgシブヤらいぶ館 歌のない音楽会 秀作選 「珠玉のギター名曲集 村治佳織、渡辺香津美」(2006年8月24日午前 0:15~1:00「NHKワールドプレミアム」にて放送)

渡辺香津美のクラシックギター、やっぱりメチャクチャかっこよかった。今回の放送のメインは村治佳織で、渡辺香津美はゲストなのだが、そのメインの村治佳織がかすんでしまうほどの圧倒的なギターテクニックだった。こちらにあるように、彼は最近「ギタールネッサンス」シリーズのアルバムでアコースティックギターのソロを演奏している。今日の演奏を聞いて、この「ギタールネッサンス」シリーズがかなり気になってきた。今度帰国した時は、是非そのアルバムも聞いてみることにしよう。

ところで、渡辺香津美といえば、1984年に発売された「MOBO倶楽部」が記憶に残っている。6曲目の「サッちゃん」で坂田明が変なナレーションを入れているのだが、最後に「サッちゃん、サッちゃん、サッちゃああん!!、三ちゃん農業。。。」とかなんとか言うのがバカバカしくて妙に好きだった。「三ちゃん農業」なんて、もう1984年の時点でおもいっきり死語だったからなあ。。。^^;
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-08-24 03:12 | 渡辺香津美

「蓮」 by orange pekoe

f0036411_1271848.jpg以前NHKで偶然ライブを見て以来orange pekoeが気になっていて、夏休みで帰省中の間に近くのレンタル屋でセカンドアルバム「Modern Lights」(2003年)を借りてきた。

この夏、実家のある広島はやたらと夕立が多くて、母の愛車ダイハツ・ミラを運転しつつこの「Modern Lights」を聞いていた時も、突然の大雨に見舞われた。ライトをつけ3段階あるワイパーの一番上にしても前がよく見えないほどの凄い雨で、たちまち道路は水浸しになり、対向車が昨日洗車したばかりの車体に容赦なく派手な水しぶきをかけてくれる。そんな状況の中で聞いていた「Modern Lights」。

真夏の激しい夕立の中で、心の琴線に触れるように流れたのが5曲目の「蓮」だった。orange pekoeの中に元々あったラテンやジャズ的な音楽性の中に邦楽も取り入れた、かなり実験的な曲である。こういう実験的なのはコンセプトだけが先走って失敗に終わることがけっこう多い。しかし、この「蓮」は見事に新鮮な秀曲に仕上がっていて、orange pekoeの力量を感じさせられた。orange pekoeには、これからも目が離せない。
[PR]
by daeyahye-jazz | 2006-08-20 01:26 | orange pekoe